フォトギャラリー 非常口
  ☆ you katou ☆


       
 2006

2007

 
 2008

 2009

       
 2010

  2011

 2012

 
  2013

       
 松本市美術館

2009
karuizawa
 
 2008

facebook 作品

 
       
       
 ホームページ開設にあたって

  
人は生きている限り社会に対して、又 自分自身に対しても「危機感や不安感」を感じずにはいられない。
1970年代 大阪の街中を 「今自分の目で見ているのが現実だとしても、レンズという媒体を通して見る風景、
その切り取られた風景の中に現実を見る・・・。」などと云いながらカメラを片手に歩き回ったのが今思うと懐かしい。


家庭を持ち、家族もでき安住した生活を送る中で、今まで感じてたものが感じなくなった。
しかし、今までと違ったものが見えてきた。時々カメラのシャッター音を耳元で聞くのが楽しかった。

2006年2月 娘の勧めでカメラ付き携帯電話を購入した。元々携帯電話を持つのは嫌だったがカメラ付きということで
持ってみた。以外にもそれは私に面白いものを見せてくれた。手の中の小さなものが私を虜にした。
その時から新しい何かを感じ始めた。1年間のつもりが、3年を過ぎてしまった。

ホームページ「フォトギャラリー非常口」は、写真学校の卒業作品の課題だった「非常口」より名付けました。
(まだ引きずっているのかな?)

今自分の目で見えるのが現実? 幻覚? レンズを通して見えてくるのが現実? 幻覚?(現実=幻覚)?
もうしばらくは、この携帯電話のカメラを通して見ていきたいと思っています。  


                                                    2009年 6月
 かとう ゆう